[ブラックリストの方、必読]ファクタリングって何??

こんにちは、HOMEクリエイターです。

私のようなグッズ制作や仕入れをメインにする業種の零細企業で仕事が増えると

ある悩みが大半を締めてきます。

それは?!

資金繰り!!

仕事が増えて嬉しい反面、納品が増えるということ。

納品が増えるには、仕入れや外注先や工場への支払いが増えること!

クライアントから代金を回収し、仕入先や外注先、工場への支払いができれば、

利益だけが残り、何も問題はないのですが、そうはいかないのです!

先払い、掛売り(信用取引)などで、資金が回らなくなることがあります。

例えば

手持ちに100万ある状態とします。

売上が100万で、仕入れで60万の場合、利益が40万。

手持ちが140万になる。

100−60=40(これが利益)

手元100+利益40=140万(手持ち資金)

この考えは間違えではありませんが、すごく大事なことが抜けています。

それは時間軸!

商売をやっていくと、この時間軸に頭を悩ます瞬間が多々でてきます。

先ほどの例ですが、時間軸が関係してくると次のように変わります。

仕入れ60万を先に払わないといけない状況で、かつ売上100万の入金が来月になる(掛売り)の場合、

仕入れ代金は手持ち資金100万の中から出さないといけないので、

100万ー60万=手持ち残金40万

となります。

売上100万は来月に入金されるので、手持ち残金は40万しか無くなります。

これに毎月かかる固定費が仮に30万だとしたら??

固定費(人件費や家賃など)は売上、利益の大小かかわらず毎月必ずかかる経費です。

月末に残る手持ち資金は

40−30=10

10万しかない。。。

手持ち100万あって、利益40万の仕事をやったのにもかかわらず。。

利益がでているのに資金が減るという現象が起こります。

これが時間軸の問題なのです。

来月には100万の売上金が入りますが、

売上金が入金されるまでに違う仕事が入り、

仕入れや外注先に支払わなければいけない状況に陥ったら??

手元資金10万で何ができますか??って話です。

せっかくいただいた仕事を断るのですか?

今まで取引してきた会社に、自社は資金がないから仕事できませんというのですか??

それは口が裂けても言えないですよね。。。

1件だけの仕事ならお金の流れもすぐにわかるのですが、

仕事が何件か重なってきたり、取引先が増えてきたりすると

資金の流れが複雑になってきます。

資金の流れをきちんと理解していないと、気がついたら資金が底をついている!

なんて状況になります。

偉そうなことを言っている私ですが、事実いつも資金繰りに追われております・・

こんなお金の時間軸の問題を解消しようと、トライした手法が

ファクタリング!!

ファクタリングとは、簡単に説明すると、

掛売りした売上代金をファクタリング会社が買い取ってくれて、資金化すること!

来月や再来月に入る予定の確定した売上代金の売却と言った方がわかりやすいかもしれません。

ファクタリングのスキームのお話を詳しくすると非常に長くなってしまうので、

ここでは、あくまでも零細企業向けのファクタリングのお話、実際に自分で利用してみた経験を元に書いてあります。

よく広告にでているすぐに資金化しますよ的な会社のお話です。

過去の記事でご紹介しましたが、私はいわゆる金融ブラックリストです。

(もし良かったら過去記事も読んでくださいww)

新たにクレジットカードやローンといった金融商品は当分の間、組めません。

が、しかし会社として銀行借り入れはできました!

なので、資金が不足した場合は銀行から借りれば良いじゃんと思う方もいらっしゃるとは思いますが、

銀行借り入れとは時間がかかる作業であり、急場な対応はほぼできません。

また、急場なお願いをするとかえって不安にさせてしまい、無駄に銀行との関係を悪くさせてしまうので

急場なお願いはやめた方が懸命です。

しかし、事業をやっていると急な支出は出てきます!

私も仕事が重なり、資金がどんどんイレギュラーに出て行く始末・・・

気がついたら会社の口座にお金がない!!!

やばい!!

まだ支払いが残っている・・

どうしようか色々と考えていたが、お金を捻出する方法が思いつかない・・・

そんな時に前から気にはなっていたファクタリング!

背に腹は変えられないと思い、ネットで検索して良さげ(怪しくない)な会社を選択。

実際に担当者は電話のあと、速攻で来ました。これも会社によりますね。。。

ここでのお話は実際のやりとりは話が長くなるので要点だけ。

・ファクタリングのデメリット

1日、2日で資金化って大体の会社は言ってますが、新規の会社には1日、2日ではお金は出ません。

数社取引しましたが、共通する所としては、

・書類確認や事業説明などで資金化されるまでには10日前後はかかる

・継続した取引先が多数ないと、資金化は厳しい

・取引先の入金サイクルがいつも一緒のサイクルじゃないと、資金化は厳しい

(たまにイレジュラーで早く入金されてり、遅く入金されたりしているとカウントされない)

・手数料が高い・・10%〜15%は取られます。

・期待させておいて、実行されない

・提出した資料(通帳のコピーや決算書)などを返してくれない。

正直、デメリットが多いです。手数料が半端なく高い!

目先の資金に目がいくと、利益はあっという間に吹っ飛びますw

資金繰りに苦しんでいると冷静な判断ができなくなる。

なぜ、条件が厳しいかというとファクタリングという名の融資だからです。

基本ファクタリングは債権の買取りなので、買取り側は債権者側に承諾を得ます。

ここで承諾を得て、債権の保全を図ります。

しかし、私が利用したようなファクタリング会社はそのようなことはしないし、

できなくはないが手間と時間がかかるので基本やらないです。

また、債権者であるクライアントに承諾をもらわないといけないので、

クライアントに資金がないことをバレたくない会社はほぼ承諾を得ない方法をとります。

この承諾を得ない方法とは、ファクタリング会社が行う買取という名の融資です。

表だって融資と言えないのは、貸金業の免許を持っていない場合がほとんどだからです。

融資するには貸金業の免許が必要です。

取引の流れがわかれば融資であることがわかります。

審査が通った場合の取引の流れを言いますと、

100万の債権を買取の場合、

まず90万を振込なのか現金なのかでもらいます。

通帳の流れ(その会社の取引状況)をみて、毎月月末に入金が多ければ月末に100万をファクタリング会社に支払う。

って感じです。

10万の利子を上乗せして返済しているのと変わりはないです。

1ヶ月100万借りて10万の利子ってヤミ金ばりに高いですよ!!

とは言え、どうしても資金が必要だったので私は実行しましたが、冷静に考えてみるとおすすめはしません。

しかし、デメリットばかりでメリットはないのか??と言うと

・ファクタリングのメリット

・代表者がブラックリストでも取引できる(これが一番ありがたい)

・取引先の社会的信用がめちゃめちゃ高く、何年も継続して取引している実績があれば手数料は安くなります。

 そんな会社は銀行がすぐに貸してくれますが。。。

・何回か取引すると、資金化は1日、2日でできる。(これはむちゃくちゃ早い)

・毎月決まった仕事があり、決まったクライアントから毎月入金されているのがあると金利も安い

・返済すると必ず折り返しで借りてくれと頼んでくる(審査不要)

そのくらいしかないですね。

基本、利用はおすすめしませんが、もし利用するなら、大手の会社をおすすめします。

大手ですと、金利に関しては中小のファクタリング会社より安いです!

これは間違いありません。実際使ってみたので。

下記の2社になります。

資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金買取で即日事業資金化!

他の中小のファクタリング会社よりは良心的だと思います。

しかし、折角稼いだお金が高金利でなくなるのは非常に悲しいし、会社としても高金利しか借りれない会社だとこの先が厳しくなります。

なので、

クライアントに状況を説明して、先にお金をもらう相談をすれば良いだけのこと。

最初は嫌でしたが、実際に話してみるとなんとか対応してくれたりします。。

または支払い先と信頼関係を作っておいて、支払いサイトを入金サイトに合わせてもらう交渉をしたり。。。

いざという時を考えて、日々の取引から信頼関係を作っておくのは商売をする上では必須条件になります

会社を経営していると色々ありますが、少しでも参考になればと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

鎌倉を拠点に活動するデザイナーです! クリエイティブ活動がしたく、会社を辞め、グッズ制作会社を立ち上げました! が、素人ゆえ、やはり失敗の連続。 しかし、懲りずに日々奮闘した甲斐もあり、素人からなんとか食べれるようになってきた経緯や、日々の仕事の中で思ったこと、大きな失敗を繰り返し会社に多大な損害を与えたこと、そんな状況でも7期法人として活動していること。 拠点である鎌倉の紹介や40代の悩み、大好きな野球や読書、ファッションのことなどで伝えていきたいと思います。